さよなら、用紙の書物氏。こんにちは、Kindle氏。

リーディング歴20世代。
リーディング人の命運、「保護空間が再び乏しい」の波にあらがえず、ようやくKindle Paperwhiteを購入してしまいました。
ペーパーの読み物じゃなくちゃ読んだ気にならない! とおもうかなと心配していましたが、いざ使ってみると誠に便利な職場!
空間もとらないからバッグにすっと入れられますし、「保護空間が……」と書店で胸を悩ませながら貰う読み物を探査しなくてもよくなりました。
何よりありがたいのは、一瞬で手に入る職場。
新聞紙紹介やJRの中吊り広告、周回やるインターネットブログ、リーディング相棒との筋道などで手に入れた、「面白そうな読み物」の要覧を得たそのときから、すぐに読み物を購入することができるのが、一番の魅力ですなと思います。
ちらっとうっかり覚書し忘れて、思い出せずに悔しいパワーをしたり、書店で定員さんに「えーっと、実直、『世界から犬がいなかったら』とかそんな感じの肩書きだったような……」などとしどろもどろなことを言うこともなくなりました。
Kindle至高! もう一度放り出すことができません。http://www.ooooner.com/musee-hanashita.html