風当たりの硬い汽車のツーリストたちに揉まれて……

父親に変わって今度は大が、俺に対してどのような頭ごなしをたくらみて生じるのかという負荷も生じるにはあった。
 四日前と同じように地下鉄を乗り継いで、身は青梅を目指した。通勤ラッシュの混雑の中途を揉みくちゃになりながらようやく鉛のようなボストンバッグを肩からぶら下げ、事柄にアクセスを付けて踏み止まる。都会のライフですし詰め地下鉄など慣れっこだと思っていたが、この時ばかりは当然の私も意思が遠くなった。
 ——香ばしい。
 吊り革を持つ掌中が汗で染み込む。スタミナも限界に達した間、身は願わくは精神力だけでのぼり続け、終点・五反田まで堪えた。
 下車してから山手線に乗り継ぐ時もメインや状態、あらゆる場所で肩にぶら下がったボストンバッグが風に靡かれる鯉のぼりの如く通行人に当たっては跳ねあがる。支柱と罹る私のカラダはその度に動きで揺さ振られるのだが、時時恣意類にぶつかって現れるヒット屋のような質の悪い成人らもいた。意思が緩んです上の空に狙ったように立ち寄る部類にはついついこぶしが出そうにもなったが、やり返す残余など結構生じる筈もなかった。

環流のことや海流などについて実習しました

環流などについて勉強しました。北大西洋にも同様の環流があります。南半球の環流は反目覚まし周囲になっています。こういう家、黒潮やメキシコ湾流など海洋の流れがとくに強くなってある。これを西岸増強といいます。海流の原動力となっている主な独特繋がりは貿易独特と偏西風ですが、それに転向テクノロジーが加わって環流ができ、西岸増強も生じます。太平洋には南から北上講じる黒潮と、北から南下始める親潮の流れがあり、日本海には北上する対馬海流とそれから分枝した津軽海流や宗谷海流があります。黒潮は北太平洋の環流の一つであり、北赤道海流がフィリピン東方で南北に分かれたその北上食い分枝を源流としています。水温は約20℃、塩は34〜35%で海水は透明度の大きい藍色をやるのが特徴です。親潮はぺーリング海とオホーツク海に本元を携え、黒潮にくらべると低温・低温分の海流だ。その海水が栄養に富むことから親潮の言い方が生まれたといわれています。どうしても勉強になりました。